子どもの眼の前にいる最前線のひとへ。

こんにちは。
やまだようこです。
暑さの最中、いかがお過ごしでしょうか?

==

さて、本日は、とても変な記事かもしれないです。
御礼です。

子育て中のおかあさんへ。
お父さんへ。
子どもの眼の前にいる最前線のひとへ。

今、あなたは、命懸けてる。

「今の私は、命、懸けてこの事業(子育て)してる」

そんなふうに、おもってみても良いと思うのです。

実際、そうなんです。

そこでわざわざ、
「皆んなやってることだから」
って、おもう必要、あるでしょうか?
無いっす。

今、あなたは、命懸けてる。

「今の私は、命、懸けてる」

それが、いいと、私は、おもうんです。
実際そうだし。

 

私自身は、子育てしていません。
子どもも持っていません。
姪っ子甥っ子の世話もしてません。

だから、夢見がちなんじゃないの?
とか、あれこれこう、なんでしょね、わからん人が、何を言う、と、思われちゃうかもしれないけれど、
って、怖れも今私は出てくるけど。

でもね。

子どもの眼の前にいる最前線のひとへは、
「今の私は、命、懸けてる」
と、じぶん自身へ思って欲しいと、常に敬意とともに、そう思ってます。

私は、この敬意を、表現する術も、機会もなかなか無いです。
この敬礼!する気持ち。

でも、今日は、言っとくことにします。

「あなたは、今、命懸けてる。」

実際、そうなんです。

息してる生物を、次の瞬間まで、息させてる。

それ、あなたの命、懸けて、やってるんです。

もしも、子育て中、他のニンゲンカンケイになやんだとき、
「今のこの私の命懸けてるわたしと、問題として、どうよ?」
という、問い掛けも、有りなんだと、私は思うのです。

「私、今、命懸けてる」

実際、そうなんです。

まいにち、あなたは、よくやってらっしゃるのです。
日常を引き受けるって、そういう綺麗事だけじゃないじゃないですか。
うんことか、しっことか、げろとかが、実際じゃないですか。

ぜんぶひっくるめて、今、そこにいるだけで、ほんとに、100点満点中、100点満点なんです。
そこ!そこのあなたが、最前線なんです。
て、私はおもいます。

特に小さい生物であられる間の小さいにんげんに、今、息させてるあなた!
そこの、あなた!が、だいじなんです。

そのあなたは、
「私、今、命懸けてるなぁ」
て、ご自身を、おいたわり下さい。

誰かにできることは、ぴょいぴょい、やってもらえますよう、心から願ってます。

==

私、あと、これは蛇足以外のなにものでも無いのですけど、じぶんのこと、言います。

私が、むかし、働いていること(じぶんが息してることだったかもしれない)に絶望してたとき、私は、この働いて、お金を得て、欲しい物かえばいいじゃない?
何か、得たらいいじゃない?
何が欲しいんだろう?
て、考え込んだ時がありました。

そんときね、何が励みになったかって、この私の働いたお金が、回り回って、(わかりやすいのは税金ですけど)誰かの子どもを育ててる、ってことに、思い至ったんです。

突拍子もないですかね?
でも生きてるつっかえ棒の、つっかえ棒に、なったんですよね、そんとき。
実は、今も。

それから、まあ働くことのあれこれは、苦になることはもちろんあったけど、支払ったりするときとか、(税金とかも)、逆に得ているときも、なんでしょね、こう・・究極そうなら、私も、息してて、良かったなぁって、私はおもったんですよね。

遠い、すっごいすっごい遠いですけど、そんならいっかって。

うーん。
今考えれば、ギリギリの自己有用感、かなぁ。
それか、「希望」とも言うと思う。
そう。私には、希望、だった。
だから、こういうふうに思ってる人がいるってことを、重荷に感じる必要も、ぜんぜん無いんだよ。

だから、その、どっかの子どもの眼の前にいるひと、それがおかあさんだったり、おとうさんだったり、とにかく職業でも、その子どもの眼の前にいるひと。
その最前線のひとへ、渡すつもりになったんですよね。

じぶんで書いてて、ぜんぜんうまくいえないけど、なんでしょね、そう私はおもったんです。

最初のはなしとも、関連があるかは、わかんないけど、(ないかな?どうかな?)すっごいすっごい遠いところから、その最前線のひとへ、なんか、いつも、応援してます。

すっごいすっごい遠いところから、いつも応援させてくれてて、どうもありがとう!有り難いです!て、気持ちがあるよ、って言いたいです。

あああ。なんでしょう。クソ恥ずかしいです。
でも、有り難いなぁって、すっごいすっごい遠いところから、おもってます。

 

 

 


 

やまだようこのプロフィールはこちら。

やまだようこの生きざまを、作家の大嵜直人さんに綴っていただいたものは、こちら。

やまだようこへメッセージはこちら。

やまだようこの2020年8月の個人セッションはこちら。

やまだようこの2020年9月の個人セッションはこちら。

皆さまからのセッションのご感想はこちら。

*ブログへのご感想等は、一部抜粋等で公開させて頂く場合がございます。
あらかじめご了承ください。掲載が不可の場合は、本文へご記載くださいませ。

 

 

0
[ 子どもの眼の前にいる最前線のひとへ。 ]日々のこと。2020/08/29 09:15