プロフィール

1979年宮崎生まれ。千葉県育ち。

絵描きを志し、高校から油画を始める。

土木系の小さな印刷会社の会社員として勤める傍ら絵画・作品制作を続ける。

絵描きとしてどう社会に出ていくのかわからないまま、絵描きを挫折する。

絵画の制作を続けることができず夢や希望をなくす。

学生時代からの縦や横の人間関係・恋愛関係は、自己不信・他者不信・孤独感・不安感等で、関係を築く・続けることが難しく、また自ら壊すことも多く途切れた。

頑張っているのにも関わらず、どうしても会社員のお仕事には誇りを持てない、と思ってしまうような状況が長く続いた。

その間、10代から常にある自信のなさ・情緒不安定さ・不安感等に更に悩まされるも、常にあったものだったため対処法も特に無いまま、ストレスが高じ、あまり食事を摂らない生活を続けていた。

二の腕が骨と皮だけのようになっていたり、経血が一日も続かなかったり、髪の分け目が3センチ位になったあたりで、おかしいな、と体調管理を始める。

そんな頃、兄弟の結婚、母・兄弟の借金完済、姪っ子の誕生等で、
「私も幸せになろう」
と決意し、転職をこころみる。

同時期、当時の上司が独立し立ち上げた新規の会社へ転職する。
以降、会社員としていい仲間に恵まれた幸せな生活を送る。

新規の会社の会社員として落ち着いた頃に出会った人と恋愛するが、行き詰まる。
上手く行かず、悩みに悩む。

以前体調を崩した経験から、今回はプロに相談しようと決め、心理学の学びを始める。

心理学の学びを始め、
「私は、生きてるだけでいっぱいいっぱいなのは何故なのか? 」
を紐解き続ける。


ただ楽に、毎日生きてみる、生きてみたい。
夢、を持ちたい。
希望をみていたい。
ひととの繋がりの貴重さ。有り難さ。
今まで生きてきたじぶん自身を信じてみること。
信じてみたい、と思えること。
私は私がいい。とおもい生きること。
今、ここ。への感謝で生きていたい。

そんな、人からみたらささやかに見えるかもしれない自分の何かを表現し続ける今現在。


自己評は、夢見がちな現実主義者。

目標のためのマイルストーンの設定を重要視しない、今ある目前のものごとを一所懸命やっていくことで道を開いていく天命遂行型(運命遂行型)でライフワークを生きてます。

独身・子供なし・結婚歴なし。東京都在住。

2019年 
心理カウンセラー根本裕幸氏に師事。根本裕幸お弟子さん制度一期生 。
心理カウンセラーとしての活動を始める。
 
やまだようこのカウンセリングについてのお客さまからのご感想はこちら。

1+