私、お母さんに言ってないことがある。

わたしのこと。, 母とのこと。, 記録。

 

 

お母さん。

私、お母さんに言ってないことがある。

私は、ずっと死にたかった。

ずっとずっと、私なんか、早く死ねばいいと、私は思ってた。

 

学校でみんなに無視されている間も、ずっと私は私を拳銃で撃ち殺し続けた。

バンバンバン

 

学校に行きたくないと、お母さんに言って、「行け」と、大きな声で怒鳴られ続けている間も、私は私を撃ち殺してた。

バンバンバン

 

電気を消してない、とかの理由で、
「そんなんだからあんたは全部ダメなんだ」
と大きな声で言われている間も、私は私を、全部撃ち殺してた。

バンバンバン

 

道を歩いてても何をしてても、私は私を撃ち殺してた。

バンバンバン

 

私の中の何億人も、瞬間瞬間で、全部殺した。

ずっと撃ち殺してた。

出会う人びとも、私の中で、全部撃ち殺した。

 

ほんとうに、たくさん、嫌なことがあった。

嫌いな人にすることを、たくさんしたね?
お母さんは、私に。

 

どれだけお母さんが私のことを嫌いなのか、私は私の何を直したら良いのかも、ひっくるめて全部、ダメだと言われてちゃ、私はぜんぜんわからなかった。

ただ私は私を撃ち殺し続けてた。

バンバンバン

 

私はたくさんの良いことを、お母さんにしてたんだよ。
お母さんにだけじゃない。家族へも。

 

でも、お母さんは、
「あなたはほんとうに何もしない子」
って、言い続けた。

お母さんの満足する学校に、私が入るまでは、私のこと全てをダメだと言っていたけど、私が学校に入ったあとは、あなたは私を依存側でコントロールした。

ああして。
こうして。
もっと。
もっと。
足りない足りない足りない。
もっともっともっと。

別人みたいだった。
でもコントロールは、同じだった。

 

心理学を学んで、お母さん自身の嫌いな所を、お母さんが私へ見ていたと知って、私は、ちょっとだけ理解できて嬉しかった。


お母さんは、私にしていたように、お母さん自身のことを、たくさん無視していたんだね。
怒鳴りつけていたんだね。
全部ダメだと言っていたんだね。

 

でもさ、まだまだたくさん、私は私を撃ち殺してる。

たくさん湧いて出てくるんだよ。

湧いてでてくる私の数だけ、お母さん、あなたも出てくる。

 

私、お母さんのこと、嫌いになっていい?

今日からお母さんと私、関係ないから。

私は、勝手に生きるから。

お母さんも、勝手に生きて。

私、幸せになるから。

私、お母さんの元を離れる。

 

私は、お母さんへ、くるりと背中を向けて、たくさん歩く。

お母さんのいない場所へのドアを開ける。

背中でドアをバタンと閉める。

たくさん歩く。どんどん歩く。

 

バンバンバン。

撃ち殺し続けた私を、今、迎えに行った数だけ、仲間ができた。

友人がいる。

このドアは、何度も何度も閉めよう。

 

私は、私で幸せになる。

 

 


やまだようこへのお問い合わせはこちら。

やまだようこの通常メニューはこちら。

ブログへのご感想等は、一部抜粋等で公開させて頂く場合がございます。
あらかじめご了承くださいませ。


17:16 2019/11/11