分解分解。分解分解。

 

皆さま、こんにちは。
やまだようこです。

東京は暑いです。

==

昨日のブログのことばについて、アップ後から、なんで私に響いたのかをずっとつらつらと書いていたのです。
しかし、そちらも乗り気にならず、アップをやめました。

そんな未完了タスクが山のように積載中のやまだようこです。

あるよね、そういうこと。

==

辞めちゃうことって、いろいろいつも原因は有るんですよね。

ブログ書くこと、って内容で言ったら、

・忙しくなったから
・つまらない内容に思えてきたから
・まとまらない

気持ち的には、

・興味をなくした。
・やりたくなくなった。
・面白くない
・他に気を取られてる。

例えば、心の内面は、

・常の自己批判が厳しすぎる(自己批判が厳しいと、「面白い!」と思ってたもんまでつまんなくなっちゃうよね)

・それゆえ、じぶんへのハードルが高すぎる。

・人目が気になる(自己批判の他者への投影)

心の中で、じぶんの自己批判のの声(他人だとしてもやっぱり自分の声だったり)に、負ける。

・(失敗しないために)やらない。

とか。
が、ひとつの例だとしたならば、

・ハードルの高さって、どんなもんだろう
・自己批判て、どんなもの?誰かの声だったことある?
・忙しい、の中身って、どんな?
・あなたにとっての失敗って、なに?

分解してみたら、こんなふうに、考えてみます。

・「目的」と「目標」をしっかり分けてみよう
・ハードルを、細かく下げてみよう(「今日の私」のハードルを作ってみよう)
・自己批判の中身と、現実の声を切り分けてみよう
・いるもの、いらないものを改めて分けてみよう
・したいこと、したくないことを改めてわけてみよう
・緊急?重要?をわけてみよう

実際、私は私の現状と照らし合わせてみたり、お客さまのお話しを伺った場合、こんな場合がありました。(ほんとに一部分ですが)

・「目的」を見失ってた。
・目的の壮大さ(人生の目的はそりゃ壮大なのです。それでOK)を、現実の一日に全てを詰め込んでた。
・最高のベストなセルフイメージが日々の基準だった
・昔誰かに言われたことが引っかかってた
・いらないものがたくさんあった。
・したくないことがたくさんあった。
・緊急事態ばかりだった。
・できること、できないことの区別に、「今の私には」という主語が抜けてた。

そんなこんな話してみたら、(もちろん複合的です。じんせい、かんたんじゃないねー)

あら?これ、特にやりたいことではなかったわ。
これでよかったんだ。
ああああ。もうぜんぶ無理。やめよう。
これでいいけど、楽しみを忘れてたなぁ。
ちょっと、頑張りすぎてた。
(目的を思い出してみたら)今までのやり方じゃなくてもいいなぁ。

ひとに話すのは、分解分解。
じぶんの来し方・現状を、分解分解。

分解して、現実に落とし込む

 

私、それ得意なんですよ。そういえば。(その割になんも進めてない・・とかいう自己嫌悪は、よいしょ、と脇に置いておく。と。よいしょ。)

いえね、カイシャのお客さまは、お国の頭脳なのですが、現場の私(私は下請けの下請けのカイシャです)現場レベルで落とし込まなきゃ、手は進まないのです。

ダムも道路も街づくりも、ひとりじゃできないもんです。(私は建設関係の下請けの下請けのなんでも屋さん♪)

 

手を進めてみたから、動いてみたから、誰かに相談してみたから(これも話すこと)、だから、今、ここでわかること。

できない。
やりたくない。
つらい。
むなしい。

それもぜんぶ。

だいじょうぶ。
誰かの幸せを願ってたり、じぶんの幸せを見つめたりして、頑張ってきたんだから、もともとの動機を思い出す作業だけかもしれないです。
「うんざり!」ってなってても、だいじょぶ。

人に相談できるのって、過去のじぶんを、認めることができるチャンスだと思います。
特に、カウンセリングでは、気持ちの経緯を聴いてみます。

何が起きて、何を感じて、何をどうしたか?
そして、今、何を感じてる?

あんまり、ひとりじゃ、やらないでね。
こういうブログを読み始めているのなら、たぶん、もうだいぶ独りでやってきたでしょう?
これからは、その「独りでやってきたこと」が、これからバリバリ活かされちゃうようになるのは、間違いないのです。
しかも、仲間たちや家族や友人・パートナーとね。

もちろん、私でなくても、カウンセラーさんってたくさんいるから、相談しやすい人から、ぜひなんでも話してみてくださいねー!

今日のあなたに愛を込めて。
やまだようこより。

==

 

 

 

2+
[ 分解分解。分解分解。 ]カウンセリング。2020/07/31 14:45