[ご相談]【ココロノマルシェ】あれだけ頑張れていた昔がうそのように、今は力が入らなくて、頑張りたいけど頑張れません…

日々のこと。

ココロノマルシェのご相談にお応えしました。

===
じぶん以外の何かが基準になっているとき、何をしても、それはマイナスを0にすることになります。そうすると、こころは、いつまでも満たされにくいかもしれません。
基準を、じぶんへ戻しましょう。じぶんのこころと身体を基準にしましょう。
===

あれだけ頑張れていた昔がうそのように、今は力が入らなくて、頑張りたいけど頑張れません…
りんりんごさん

こんにちは。

この場で質問していいものか、戸惑いますが、頼れる人がいなくてどうしようもないので、相談させてください。
少し長くなりますが、読んでいただけるとうれしいです。

私は現在21歳の大学生です。
本来なら4年生になるのですが、
去年1年休学していたので、まだ3年生です。

高校生のころ、かわいくて明るい、頭のいい同級生のようになりたかったけれどなれない自分、理想の高校生活とは違った自分がすごく嫌でした。

そんな私は、痩せと成績にこだわるようになり、体重を減らすこと、成績アップ、部活動を頑張る日々を過ごしました。

痩せたら満足できるだろう
学年順位が あがれば満足できるだろう
はじめはそう考えていましたが、
痩せても痩せても、学年順位が何位になっても満足できませんでした。
自信が欲しかったのに、なにひとつ
自信にならなくて心にぽっかり穴が開いたような気分でした。

勉強は目標達成したら、少しは緩めることができましたが、ダイエットはやめられませんでした。

希望する大学に入学してからも
勉強が厳しい大学なので、頑張っていました。

今思えば高校~大学1年は、なにかに追い詰められているかのように
走り続けていました。

そんな中、大学1年の冬 12月。

後期試験の勉強に励んでいました。

いつもどうり、自分を追い詰めて勉強していました。

ストレスのあまり、食べても胃が受けつけなくなり、吐いてしまうようになり 体重はさらに減って、精神的にも体力的にも限界でした。

そして、猛烈な食欲に襲われるようになり気づけばコンビニにはしり、
過食になっていました。

それからというもの、まったく頑張れなくなりました。

電池切れみたいにやる気が起きないんです。

もうあれから2年以上経つのに、
1年休学しても 全然なおらないんです。

復学したら真面目に頑張ろうと思って、2時間通学にかかる時間を節約するため、下宿させてもらい学校は目の前なのに、休んでばかりでほとんど学校にいけていません。

ちゃんと卒業したい、と思う反面
もう頑張りたくない という思いもあります。

じゃあ、頑張らずにやればいいじゃないか。

そう思い、やろうと思っても そういう訳にはいかないんです。

やるからにはちゃんとしたい、中途半端は嫌なんです。

あれだけ頑張れていた昔がうそのように、今は力が入らなくて
なんで みんなこんなに頑張れてるんやろう?って普通に学校に行けることがすごいと思えるレベルです。

一日中食べてるだけの日々で、
誰かに喝をいれてもらいたい
そう思っても、誰もいれてくれないんです。。

もう自分でもどうすればいいのか
わかりません。
一人暮らししてからも、ほとんど学校に行けていないことを両親は知りませんし、言えるはずもなく…。
このままいったら、留年確定なので
学費のことも考え、また休学するしかないかな?とか、でもそれを親に言い出すのもまた辛いなあとか、
もう色々最悪です。(自分が)

テレビで芸能人を見るのもしんどい
きれいな人、同世代で活躍してる人
頑張ってる人を見ると 苦しくなります。

いろんな苦しみから開放されて
また頑張れるように、なりたいんです。
自分の中にあるいろんな矛盾を解決したいです。

ぜひアドバイスよろしくお願いします。

長くなってしまって本当にすみません。

私は、りんりんごさんて、今まで、ものすごく頑張ったとおもう。

命張って、頑張った。

頑張った先に手に入れたものもあったかもしれない。
成績だったり。
学歴だったり。
痩せてる外見だったり。

それも、素晴らしいこと。

じぶんで、良かったって、思えたから、勉強については、緩めることができたんだよね?
それじゃ、ただ、
「いまの私のまんまでいいのかもしれない」
って、少し思えたら、いまも緩めるのかもしれない。

誰にも頼れないって、今言ってるりんりんごさんは、ひとりでいろいろやり遂げてきたから。

ひとりでも完遂できる実行力がある。
目標を持って行動したりできる力がある。
目標のために統制する力や判断力もある。
この文章を書く知性がある。
(どれだけ頑張ってきたか伝わったよ。ほんとに。)
努力できる。
よりよくなりたいっていう向上心がある。
信頼できるじぶん自身を追い求める信念がある。

これらの力は、もう今、既にある。
もう、ある。
それはなくなるもんじゃないから、だいじょぶです。

まずは、それを認めてみよう。
あるものはある。って。
「そっか。あるんだ」って。

==

いま、身体がストップ!って言ってるなら、もしかして、今までのやり方じゃなくて、違うやり方を、身体は教えてくれているのかもしれない。

==

頑張って頑張って追い詰めながら頑張ってた頃のりんりんごさんは、
りんりんごさんが、求めてたその基準は、
「「じぶんの心と身体」以外の、何か。」
が基準だったんじゃないかなって思いました。

>満足できませんでした。
「それが欲しい!」って言ったのは、じぶんかもしれない。
でも、満足しなかった。何故だろう。

そのとき、やってたことは、もしかしたら
「じぶんの心と身体」以外の基準で、それはただマイナスを0にすることだったからかもしれない、とおもいました。

その場合、やり遂げても、0のままだもの。
どんなに、やってもやっても、頑張っても頑張っても、0。ずっと不足感。

それは、つらいよ。
せっかく頑張ってるのに、なにもりんりんごさんが、「感じて」いなかったら、つらいよ。

りんりんごさんの、「じぶんの心と身体」は、どこにいっちゃったんだろう。
0のままだったら、りんりんごさんの、その元々もうある価値、ないことになっちゃいませんか?

こんなにたくさんあるのに。

他のじぶん以外の何か何者になる必要は、無いんです。りんりんごさん。

==

もしかして、今、身体が言ってることは、
「こころと身体を基準にして」
ってことかもしれない。

その場合、りんりんごさんは、すでにたくさん価値がある。
だから、プラスの状況からのスタートなんです。

りんりんごさんが、認めてみて。
「そっか。もうあるんだ」
って。

それでね、そこから、
「こころと身体」が、欲しいっていうものを、聴いてみよう。

==
頑張れるって、すばらしいこと。
今度は、その基準を、じぶんの「こころと身体」にしてみよう。

ぜんぜん、やり方が違うかもしれない。
「こころと身体」
は、ゆっくりだから。
声も、ゆっくりだから。

だから、今のりんりんごさんは、身体の言うことを聴いて、
じっとしてる。

それ、いいとおもうんです。
身体は、いつも正しい。

私は医療者じゃないので、医療的な意見ではないけれど、
食べ過ぎちゃってるとき、もしかして、
「「じぶんの心と身体」以外の、何か。」
と、比べ続けている頭の中が、静かじゃなかった?

もしくは、比べ続け、じぶんを追い詰めるやり方が、少し、緩まなかった?

身体は、りんりんごさんの思考の追い詰めから、こころを守ろうとしているのかも。とおもいました。

==
なんども、大切だからいうけれど、
私は、りんりんごさんて、今まで、ものすごく頑張ったとおもう。

命張って、頑張った。

「私、頑張たんだなぁ」
「私、よく頑張ったなぁ」
「私の身体、ほんとによく頑張ったなぁ」
って。
身体に、声を掛けてください。
なんどもなんども。

「きょうも、生きててくれて、生き延びさせてくれて、どうもありがとう」
「きょうも、一生懸命、息しててくれて、あたし、ありがとう」
「身体さん、どうもありがとう」
って。
声にだしてね。

==

もちろん、こころと身体喜ぶこと以外のこと、たくさんやっていると思います。
そのときは、
「わたし、こころと身体が喜ぶことじゃなかったのに、よくやったなぁ。えらかったなぁ」
って、いたわり、褒めてください。

==

まず、頭の中が忙しい。
ずっと、こころと身体以外の基準を、頭の中が喋ってるかもしれない。

そしたら、
「ああ。わたし、これだけ私以外が基準なんだなぁ」
そうなんだなぁって、ただ、受け入れて。
ただありのまま。見つめて。
「あれと比べて、私はだめだー」
って、おもってたら、
「そっかーわたし、そうおもうんだー」
って。

「それも私なんだな」
って。
それで、こころと身体の声を聴いて。
こころと身体は、なんて言ってるだろうって。
手を胸や、お腹にあててみて感じてみるのもいいとおもいます。
じんわり、手のあったかさを感じたりしなから。

==
ちょっぴりゆるんできたら。

こころと身体を基準にするには、どうすればいいんだろう?
「嫌なものは嫌なんだー!」
って、言葉にしてみよう。
こころと身体のおもう、嫌なものを紙に書き出してみよう。
嫌なものはやらない努力を、してみよう。

「好きなものは好きだー」
も、同様。
どんどんやってみる。
こころと身体のおもう、喜ぶ、好きなもの。
こころが「好き」ということを、どんどんやってみよう。

それを基準にして、生活してみよう。

==

りんりんごさん、少し、ほっとできる時間を、持てたら嬉しいです。

日々のこと。