じぶんへの期待。

ブログ

今朝は、目が覚めた瞬間から、じぶんがじぶんへの期待値が大きすぎる件について、頭がうるさかった。

そして友人のたかちゃん( 岩橋隆盛さん)が期待の心理学について学びを書いてて、タイムリー過ぎてビビる。
ゆっくりこれから読みます。
ありがとうございます。

==

たぶん、起きたかった時間よりもちょっと遅くなったから、くらいの理由だったと思う。
私の頭の中に居る、
「わたし自身への期待値の異様に高い人」
ずいぶん、これらとは長い付き合いだ。

もちょっと説明できればいいかもしれないけど、それは友人のブログにかいてあるんだろうなー。

「わたし自身への期待値の異様に高い人」
への対処が、なんで必要かっていうと、私の場合は、全く動けなくなっちゃうから。

「最初っからだめだったら何をやってもだめ」
って、言うんだよね、この(頭の中の)人は、私に向かって。

こわ。
怖いよん。
最初って何・・?
こういう声の大きいアタマの中のひとは、大抵おおきな矛盾があるよね・・。
「なんか私ってだめ」
っていう感覚から生まれるアタマの中の声のひと。

で、最近の成果は、
「わたし自身への期待値の異様に高い人」
「「わたし自身への期待値の異様に高い人」にさんざんなことを言われている私」
「ちょっと離れたところから見ている私」

分けて、善悪の分類ラベルを張り付けたわけじゃなくて(たぶんね)、ただ、3者いるなーって、思えるところかもしれない。

リアルタイムでは、
「わたし自身への期待値の異様に高い人」
が優勢だ。
今日もきついね、この人は・・。

三者、居るね。今日も元気だね。
ちょっと離れて見れるようになったら、身体を動かして、食器を洗ってみた。

とりあえず。
「今」できること。

「今」できること。
「とりあえず」。ね。
それが、ちょっとずつ、チャレンジできることかしらって、やってみた。

朝はこんくらい爽やかにしたいけどなかなかそうもいかないのよね・・

やまだようこのセッションメニュー・お申込みはこちら。

ブログ