「恥ずかしさ」が教えてくれるもの。

ブログ

最近。

「恥ずかしい」
を感じるじぶんを、受けとめられるようになった気がする。

「ああ。わたし、いま、恥ずかしいんだ」
って。
ただそれだけだけど。

いままでどうしてたんだろう。

切り離してたかも。

「恥ずかしい」
って感じてたら、生きてけなかったから。

「 恥ずかしい」っておもうことすら恥ずかしい。感じ。

「恥ずかしい」って感じてたら、生きてけないと思い込んでた。感じ。

「ああ。わたし、いま、恥ずかしいんだ」

の、その下にある、ちいさいちいさい声を聴く。

たぶん、今のわたしに必要な感じ。

なんでかわかんないけど、

「ああ。わたし、いま、恥ずかしいんだ」

を、ゆっくり感じてると、
らくに、その場所に居られるふしぎ。
も、感じる。

ふしぎだなぁ。って、ふしぎがってみたり。

わたし、こういう部分で、誰かの目を気にするんだなぁって気付いたり。

こういう部分って、どんなのー?

誰かって、だあれー?

って、じぶんに、きいてみたり。

何かに対してのじぶんの思い込み。

じぶんの中にいる、じぶんが作り上げた「誰か」の目。

に、気づいたり。

ブログ