"> まあ、そんだけの話し。 | やまだようこ|心理カウンセラー

まあ、そんだけの話し。

 

伝承なのか、神話なのか、物語なのか、根拠は知らないんだけど、
今日はあたしの好きなお話しのひとつを。

 

==

 

あるとき、そのひとは死にました。

 

天に帰って、そのひとが生まれ、生きた風景を、そのひとは神さまと振り返ったのです。

 

神さまは、振り返った景色をいっしょに見ながら言いました。

 

「ずっと、あなたと歩いてきたんだよ。
ほら、あなたの足あとと、
わたしの足あとが、
いっしょにずっとあるでしょう?」

 

「ああ。
ほんとうだ。

あなたはずっといっしょに居てくれたんですね。

あれ?
でも、私がいちばん大変だったときの足あとが、
ひとつしかない。

あなたは嘘つきですね。
私がいちばん必要としていたあのときに、
あなたは居なかった。
あのとき、
あなたは私をひとりにした。
助けてくれなかったじゃないですか?」

 

神さまは、言いました。
「あそこの足あとがひとつなのはね、
あのとき、
私があなたをおぶって歩いたからなんだよ。
あなたは、
歩めなかった。
私がおぶって歩いた足あとなんだ」

 

==

 

ただそんな会話のお話し。

 

最後そのひとが泣いてありがとうとか言うのか、ここがなにかのお話しの一部分なのかも忘れたけど、そんなお話し。

 

私がこのお話しを知ったときは、ふうん、くらいだったかな、どうだったかな。

 

==

 

あたしが、ずっと以前、地下鉄構内ののコーヒー屋さんで、何時間もタバコ吸いながらぼんやりしてた時のことを、最近ふと思い出した。

 

毎日会社帰りに行ってたコーヒー屋さんだった。

 

あたしは毎日じっと動けなかった。

 

ある日、私よりちょっと年配の女性が話しかけてきた。

 

「タバコ一本分けてくれない?」

 

いくらかの小銭とで交換した。

 

「あたしは看護師で、娘が居て。」

 

そのひとは、ガラスに面した横掛のカウンターテーブルの隣のスツールに腰掛けて、そんなよもやま話を、ポツリポツリと話した。

 

人懐こすぎるでもなく、はきはきしすぎるでもなく、今思えば絶妙な距離感と、話の内容だった。

 

そのひとは、誘うでもなく、自然に、ここをいっしょに出ようとする感じだったし、どうもいっしょに出るまでは、私といっしょに居るようだった。

 

だから、いっしょにお店を出て、お店を出たら、そこで、それじゃあ、とそのひとはどこかへ行った。

 

==

 

そのひとは、なんだったんだろう。

 

10何年も前の、5分、10分のこと。

 

あのころのあたしは、いろいろ息詰まってた時期で、そのコーヒー屋さんを出た後は、いつも地下鉄がゴーゴー入ってくるのを見つめてた。

 

==

 

さいきん、ふと、その神さまとのお話し、一節、を思い出して、そのコーヒー屋さんでのそのひとを思い出した。

 

そっか。

 

あたしの思いもかけない方法で、神さまはあたしをおぶってたのかもな。

 

赤の他人のかたちだったり。

 

あのころのあたしには、赤の他人の、なんともない少しの会話ぐらいしか、届かなかったんだよなぁ。

 

助けって、あたしの知らないやり方かもしんないし、

 

もしかして、既に届けられてるもんだったり、

 

なんだったりなんだったりすんのかもなぁ。

 

って、あのころにふとリンクした、

 

まあ、そんだけの話し。

 

 


 

\ やまだようこのお店開いてますー /

 

直前でも、どうぞー。

やまだようこの2021年3月後半個人セッションスケジュールはこちら。

 


やまだようこのプロフィールはこちら。

やまだようこの生きざまを、作家の大嵜直人さんに綴っていただいたものは、こちら。

やまだようこへメッセージ・ご質問はこちら。

皆さまからのセッションのご感想はこちら。

*ブログへのご感想等は、一部抜粋等で公開させて頂く場合がございます。
あらかじめご了承ください。掲載が不可の場合は、本文へご記載くださいませ。

[ まあ、そんだけの話し。 ]日々のこと。2021/03/16 09:56