もしも今日バオバブの木と愛し合うとしたなら。

もしも今日バオバブの木と愛し合うとしたなら。

わたしは、バオバブの木の隣に座るだろう。
バオバブの木、いっぽんぶんのあいだを空けて。

そのいっぽんぶんのあいだは、わたしのエゴが住まう空間。

わたしでいいんですか?
わたしがいいといいなさいよ。

どうせわたしなんか。
わたしじゃないひとがいいんでしょ?

わたしのエゴを愛する場所。
かわいい。わたし。
かわいいなぁ。

バオバブの木いっぽんぶん、ていうところはなんだろう。
あなたを感じていますよ。

そのおおきさ。のぶん。

さあどうかしら。
わたしは、わたしのエゴを愛した?
呆れ果てた?

バオバブの木へ、行って、そのわたしを差し上げます。
どうぞ。
わたしです。
これがわたし。

そして、隣に座るわ。わたし。
これがわたしです。って。

1+
[ もしも今日バオバブの木と愛し合うとしたなら。 ]日々のこと。2020/01/22 00:37