たとえば。

日々のこと。




たとえば。



今までで、誰かを弱いもの扱いして、

勝手に助けたい、と思っていたとき。


もしも、それが、じぶんの投影だとしたならば。


わたしは、その部分を、「弱い」と、ジャッジしているし。

わたしは、そのジャッジ故にある「弱いじぶん」から抜け出さないし。

(隠すべきもの・嫌われるもの・いらないと もの、という判断もここには含まれているから)


「弱い」としているぶん、

じぶんを信頼していない。

そのジャッジ、いるの?

ただそういう「じぶん」がいるだけよね?

きょうは、そのジャッジを、

手放してみよう。

信頼していい。

もっと、じぶんを、信頼していい。>

助けが必要なら、わたしは呼べる。

もっと、信頼しよう。

ただあるだけ。

日々のこと。