心音。ークリスタルボウル

日々のこと。

心音。


大きな黒い黒い黒大理石を立てて、一面に薄く高速に水を流した面を、水平に置いたかなのような音をみたのは、ほかのクリスタルボウルが、鳴り始めたからだった。


薄い高速の流れの面に、指を入れてみたら、やっと水が、水の流れがあるのが見えるかのように。

 


ああ。

心音があったんだ。


わたしの心音。

 


常に常に聴き続けていて、自らが聴こえているとすら思わない音。


わたしは、ここに、いるんだ。


そうやって、一年前の札幌でのクリスタルボウルは、そのときのわたしを動かした。


その薄い高速の水平面へ、すっと入れた指一本は、じきに何本も何本もにもなり、ときには手のひらが、ざっと触れるかのような、波を立てさせるほかのクリスタルボウル。


何度も何度も、全く異質ではなく触れてくる、その心音を、その流れを気付かせるほかのクリスタルボウルの手ざわり。


人のどこかの底の音へ触れるのは、いろんな言い方があるのかもしれないけど。


わたしの場合は、心音だった。


わたしの心音なのか。

わたしの何かへ通底した心音だったのか。


それはまだわからないけど。


あの広くてツルツルの表面に流れる高速の薄い水は、確実にどこかの方向へ強く流れていた。


あの強さに怖れをなす感じは、ある。

怖かったのかもしれない。


あの感じは何だったろう。

 

軽井沢では、どんなクリスタルボウルと出逢うんだろう。

 

日々のこと。