ハハを。

日々のこと。

 

10年前、本を読んでた。

そうそう。
この頃。

私は、昔、母親との葛藤が強かったとき、ひたすら子育て本を読み続けた時がある。

(今も葛藤はあるけど、前ほどではない。)

なんでそうしたのかよくわからないけど、私なりに、ハハを理解したかったんだとおもう。たぶん。

そこで、実際に子を持つ訳にいたるでなく、本を読もうと思ったあたりも、私らしい。

 

かれこれ、10年は前の話し。


その頃は、心理学を学んではいなかった。

その時読んでたのは、詩人の伊藤比呂美さん。

(伊藤比呂美さんのこのLaLaTV連載、見たい。初めて知った。)

 

いろんな学びがあったし、どれもほんとうに感動が多くて、大好きだ。

けれどその当時の私は、そこで子育てと共に描かれていた、喜び苦しみ女友達との分かち合い、女だ、という内容も、全てが、

 

生きてたんだなー。ハハも。
私も、生きてんだな。今。

 

そう思えた瞬間があったのが、良かったのかな。

嬉しかったのかも。

 

勝手に、こっちも、いろいろおもっちゃったりしてたけど、彼女にも、もしかしたら、そのときは、笑えたようなことも、あったのかもな、って思えたことが。


なによりも、たくさん笑った。

どんなご縁で、私が伊藤比呂美さんのご本まで辿り着けたのか。

なんでだったのかも忘れちゃったけど。

 

 

いい出会いを、わたしにくださったのも、ハハとの葛藤があったからなのかな。

 

 

日々のこと。