そもそも、私は、言葉がわからない。

日々のこと。

 

そもそも、私は、言葉が、あんまりわからない。

ここでブログを書いててなんだと思われるかもしれないけれど。

わからないな、と思い始めてから、ずいぶん経つけれど、どんどん、わからないな、というおもいは、深まるばかり。

 

もちろん、ここで言う、「わからない」は、

「興味深さの余りもっと知りたいからこそ、わからなさが深まっている。」

の意味だ。

 

わからないなりに、私なりに手は尽くした。

いつも、手は尽くしてる。

今も。

 

でも、やっぱり、言葉の意味するものが、目の前に居るニンゲンの情報量に、圧倒的に追いつかなくて、いつも混乱は深まる。

私が今まで私の中に貯めてきた、私の辞書は、目の前のニンゲンにより、常に書き換えられて、それも追いつかない。


何か、腑に落ちないなぁ、っていう、私が、いらっしゃるのでしょうね。

 

ほんと、もっと知りたい。

恐る恐るだけど。

 

そう思えるのって、なんか。嬉しい。

 

 

 

2回連続、機材不足のため飛行機が欠航し、ちょっと真顔になっちゃう、成田の私。
ちなみに好天候でどの飛行機も飛んでいて、夏と秋、別の空港でした。

日々のこと。