1mmも疑いの余地も無く、じぶんの幸福を待つ、体感。

体感。

ステーキ屋さんの店内で、オーダーを通したあと待つ。

いい匂いの店内。

厨房からは、ジュージュー肉の焼ける音と匂い。

ニンニク。
じゃがいも。
インゲン。
コーン。
バター。
たれ。

各種匂いが混じり合う。

私のステーキかも。
私のステーキ。
私のステーキ。
私のステーキ。

私のステーキ。

ハッとした。

今、じぶんが幸福になることに、1mmも疑いの余地もなかった。

1mmも。

ほかの何へも、オーダー後は、こうやって待てばいいんじゃないか。

「私のできることは全てやりました。後は待つのみ。」

すごいなぁ。
これがサレンダーかぁ・・。

この体感以外のものが、全部エゴなんだろうなぁ・・

すごいなぁ。

こうやって、パートナーを待ってみたいもんだなぁ。
理屈じゃなくて、この体感で、待ってみたいなぁ。
この体感だと、待つってものも無い感じなんだなぁ・・

すごいなぁ。

その各種エゴを人生の味わい的に描く方法もあるんだろうし、心理分析したらいいんだろうけど、
この体感!
この体感の前では、無粋な気がする。

ほんとにこれでいいの?の疑いもエゴなんだろうなぁ。

ていうか、この体感で、だから何?は、あるけど。(これもエゴか・・)

でも、いいなぁ。こういう、「ある」だけの感覚って、こういうふうに、なってたいな!こういうじぶんであれればいいなぁ!っていう感じだけでいいかぁ。

なにせ幸せだし。

蛇足で言うとするならば、250gのヒレステーキ、おいしかったです。
一瞬で飲み込みました。

==

9/14(土)東京・神楽坂「ココロノマルシェ カウンセリング体験会」に出店いたします。
>>詳細はこちら。
>>入場申込はこちら。
>>やまだようこの予約枠はこちら。

やまだようこへのお問い合わせはこちら。

やまだようこの通常メニューはこちら。

体感。