風。

日々のこと。

 

 

 

帰途に就く。

 

春の風は、びゅうびゅう強いけど、身をすくませるようなものがない。


伸びをしたいようなかんじ。

 

風ってなんだっけ。
どう身を置くんだっけ。


びゅうびゅう、すべてを吹き飛ばしたり。
そっとお夕飯のにおいを運んできたり。

 

びゅうびゅう。

 

そうだった。
私のなかにも風は通る。

 

息を吸う。
はく。

 

これが風のなかの身の置きどころか。

 

きょうは風が強いから、わたしの何かも、もっていってもらおう。

 

ことばにならない、何か。

そして何かを運んできてもらおう。

 


何か、は、風におまかせしよう。

 

 


ああ。
いいきもち。

 

 

日々のこと。