成果。

友人と会った。

カウンセラーの朋ちゃん。
彼女とは、3年前の沖縄リトリートセミナーで出会った。

よくよく考えれば、あれは人生の転回点。
「わたしは、わたしの人生を生きる」
と決めた点であったようにおもう。

そのときはわからなかった。

彼女と私は、知り合ってから2年後くらいから、ぽつぽつと話し始めた。
気付けば彼女とは、リトリートセミナー、ライフワークセミナー、お弟子さん講座の同期だ。

お弟子さん講座を終えて、一か月後の今、落ち着いてふたりで話しをする機会だった。

あれこれお弟子さん講座を振り返ろうとしても、なにもでてこない、と、わたしは真剣にしゃべった。
ぽつぽつと、かけらのような話しはあるのだ。

彼女は人生の大きな変化があった。


わたしもたくさんのことが変わった。とおもう。
心理カウンセラーと名乗ってる。
現実では、それが大きい。
でも、何かしらのこころの風景の変化が大きくあり、それについては、また後になって、
「ああ。あの時が。」
とおもう、「点」なんだろう、いま。
なにか大きく大地がかわったときは、すぐにはわからないもの。

そんな不明確だけど、感覚的な話しをした。
楽しかった。

==


「わたしはわたしの人生を生きる」
というところでわたしが得てきたものは、友人と、仲間たち。

わたしが得てきて、わたしがもし誰かに伝えるものがあるとしたなら、そういう繋がりの持つ大きさだろうな、とおもう。

「わたしの人生を生きる」
のは、ひとと作る。
ひとりで作るけど、ひとりではできないもの。

シンプルだけど、豊かな。
「あなたに会えて、わたしは嬉しい。」
そういうもの。

==

駆け抜けたのは、お弟子さん講座の半年間だけではない。

この3年。
「わたしはわたしの人生を生きる」
と決めた。
決めて生きたこの3年。
だったんじゃないか、と、今はおもう。

==

3年を駆け抜けたその成果は、彼女との静かな、だけど落ち着いた、肯定に満ちた時間だった。

すてきな時間を、きょうも。
どうもありがとうございます。

カウンセラーの朋ちゃんは、駆け抜けるTシャツ。
長いのか短いのか 、駆け抜けたねぇ、わたしたち。
今後とも気長にどうぞお付き合いのほどよろしくお願いいたします。

Posted by _