根本裕幸著「いつも自分のせいにする「罪悪感」がすーっと消えてなくなる本」感想

 

 

 


読み始めて、ざわざわすることが多く、学びも多く、どこから書き出せばいいのかわかりません。

きっとここで手を止めさせるのも罪悪感!

では愛を選ぶぜ!
と、未熟ながら書き出す。

・・・

でも、実際は、そういう感じなのかも知んないなぁって、思ったんです。
罪悪感て。

じぶんが、良いな!
と思うものを選べなかったりとか。

こうしちゃったら、まずかったかな?
って気にしすぎちゃったりとか。

ああ。これ、間違えちゃったかなぁ。。
って、常に正解を求め過ぎてたりとか。


普段からバリバリあること。

どれだけじぶんがじぶんを幸せにしない選択をし続けているかに、まず気付くこと。
気付いて、今までとちがうやり方を、こつこつと選んでいく。

それって、この本にある、「罪悪感の裏側の愛」を選択し続けることかしら。
どんどん愛を選んで、愛だらけのじぶんをゆるしつづけちゃう。

もし、罪悪感の選択をした自分が居たとしても、
それも私。
って、じぶんを許せるじぶんになれるチャンスを得たのかもしれないし。

それって、より大きい愛のじぶんになっちゃう許可だ。


・・・


私は、「はじめに」と「おわりに」の文章がとっても好きです。


>いつも自分をゆるせないのは、なぜ?

問いかけで始まり、

>「今のままで、そのままの私で、十分しあわせを感じられる」

問い、気付くじぶん。そのままで良かったんだ。
っていう「おわりに」。


じんわり、好きだなぁとおもってます。

 

 

 

 

 

え?ちゃんと全部読んだよ!