じぶんに正直に生きる。

 

「じぶんに正直に生きる。」

 

 

 

足元から出てくる悲しみや、
すっと湧いて出てきた寂しさに追いつかれたあとに出てきたのは、
その言葉だった。

 


なんでだろう。


なんでなのか。

 


「わたしは、もう、幸せになる。」

 


もしも、わたしの悲しみや、寂しさと、

相対峙するものがあるとしたなら。
対話するとしたなら。

 

 

「わたしは、もう、幸せになる。」

 


これに、どこまでもどこまでも、正直にし続ける必要が有るからだろうか。


しかたない。


正直にしていよう。

じぶんに。


ただただ、じぶんに正直でいよう。

 


遊具でエロスを醸す朋ちゃんとシーソー。

すごく楽しかったです。

 

 

Posted by _