手を思い出す。

 

 

たいせつなものを、机の上に置いて。

 

 

写真でも。

モノでも。

いま、手元に見つからなかったら、お昼のパンでも。

 

 

ゆっくり。

おいて。

 

 

左手で、そっと、支えて。

右手を、そうっと、上からあてて。

 

たいせつなものへ、触れる、

じぶんの手を思い出そう。

 

添えた手を、
ゆっくり、見つめてみる。

 

手を。

 

たいせつなものを。

 

 

もちろん。

あなたも、そっと、触れられたとおもうよ。

 

おんなじように。

 

 

 

じぶんの手や誰かの手は脱出口かもしれないし、入り口かもしれない。歓迎。

Posted by _