一年半前のわたしに出会った。

 

 

 

 

年度末、おつかれさま。ようこ。

と、零細企業の無事の年越しを、ひとり祝う。

 

 

用あって、街へ出る。

入った喫茶店で、座って気付く。

 

一年半前、カウンセリングのあとに入ったお店だと。

 

そのときの席の、隣の席に、今日、座ってた。

気づかなかった。

 

 

 

 

一年半前、帰り道に寄った喫茶店で、

もらったアファメーションを、

意味もわからないまま、読んでた。

 

あのころは、ただつらくて。

しかも、なんでつらいのかもわかんなかった。

 

 

 

そんな、わたしが、ここに座ってたんだっけ。

 

 

 

 

あのアファメーション、意味も分からないのに、

よく覚えて、ずっと続けてた。

 

わたし、まじめだなぁ。

 

 

割と多い行数のなか、

毎回、こみ上げてくる箇所は違ってた。

 

どこもかしこにも、こみあげているときもあった。

 

 

 

そのころは、カウンセラーになろうなんて、

露とも思わなかった。

 

生きてるだけで、いっぱいいっぱいだった。

大げさだろうか?

 

いや。

いっぱいいっぱい、だったとおもう。

 

 

隣の席へ、そっと呟く。

 

「一年後には、カウンセリングの勉強をしているよ。」

「一年半後には、カウンセラーになるって言ってるよ」

 

たくさんの、仲間たちに、応援してもらってるよ。

たくさんの、仲間を、応援してるよ。

 

じぶんの。じぶんだけの、望みが、

言えるように、なってるよ。

 

だいじょうぶ。

だいじょうぶ。

 

よかったね。

ほんとに、よかったね。

 

あなたの、おかげだよ。

ほんとに、ありがとう。

 

 

 

あー

もう。

ほんと。

よかった。

 

よかったなぁ。

って、日。

 

 

 

 

 

 

 

Posted by _