できないってことを。

私は、私のできないってこと、を異常なまでに嫌っていた私がいました。

一応、過去形にしてみたけど

だから、もちろん、私の嫌いな部分であるできないこと、を、現すおひとが、目の前によく現れました。

「なんでこれができないの?」

私はずっとそう思ってました。

なんですかね、カイシャって、私の投影牧場だと思うと、ありがてぇなぁ、としか思えません。

今思うと。

もちろん、職場はギスギスしてまいります。

そんななかで、価値をみてくれるひと、

がいたのです。

私のギスギスも含めて、私のことも。

もちろん、

あの人はなんでこんなこともできないの?と、

私が勝手に思っている人のことも含めて。

同様に、ただ、別の価値がある。

と。

ただただそれを見続けてくれた人がいました。

だから、私は、

私の価値を、クシャクシャに捨て続けても、

それもみててくれました。

で、私はある時、なんやかやで、

私はできなくてもいい。

と、私をちょっとだけ、許したのでしょう、

たぶん。

緩んだんです。

そうしたら、あら不思議。

その私が勝手に

「なんでこんなこともできないの」

と、思ってたひとのこと、

全く気にならなくなったんです。

それどころか、今まで私らの価値を見続けてたひとのいう価値だけ、ぽんぽん入ってきました。

いやー、幸せ❤️

という、オチはない話です。

今日の成果があるとしたら、

「投影牧場」

かなー




いやいや。

見守り続けていてくださった方々!

価値を見続けてくれたおひと!

価値をただ在らしめ続けてくれたおひと!

どうもありがとうございまーす❤️

ごめんなさーい💕

許してください❤️

愛してまーす❣️


Posted by _