特別意識と劣等感と絵のはなし

絵を描いていました。

15年くらい。

自称絵描き。

もちろん、自称絵描きを称するのも

じゅうぶん恥ずかしいです。

ここは、前に進むためにも、

書いちゃう。

じゅうぶん、恥ずかしい。

そして、ヒリヒリします。

いわゆる現代美術というものや、

油彩画などが主でした。

特別意識と、劣等感と、もろもろ。

じぶんを傷つけ、追い詰める。

そんなののかたまりだった。

そのころのおはなしです。

認めましょう。

そうです。その通り。

もちろん、それが今、全て解消されているということもなく。

特別意識と劣等感も、自己肯定感とともにあれば、

悪いもんではないのですが。

自己肯定感の育っていない状況でのそれは、

辛いばかりでした。

いま、

そのころの、そしていまも持っているだろう

特別意識と劣等感を、

悪いもんでもない、

仕方ないな~

そうおもっちゃうんなら、

仕方ないな~

そんなん抱きながら、なにかを、

どうにかしたかったじぶんが、

いたんだろうな~

いまも、いるんだろうな~

なんかしら、たいせつな、たいせつなもんだったんだろうな~

とか、言える、いまの状況は、

なかなか、悪くないな、と思えます。

さあ。

それで。

どうしよっか。

って。ところ。

Posted by _